筋トレダイエット

スポンサードリンク

ダイエット生活のポイント

 

 

夜18時間以降は食べない

 

朝食は、一日の活動をする上でしっかり食べることが大切になります。

 

具体的にどのような食べ物がおすすめかと言うと、糖分の入っていないヨーグルトやフルーツ、この時に気を付けなければいけないのは炭水化物を取りすぎないことです。

 

全くとらないのも、よくないので、ご飯やパンはいつもの半分にして食べましょう。

 

お昼もおにぎり一個と牛乳を飲めば十分です。もしも、どうしてもおやつを食べたい時、少量であれば構わないです。

 

しかし、食べる時間は気にする必要があります。それは14時〜15時の間です。この時間帯は1日で人間の体温が一番高くなる時間で、代謝が高まることで、摂取した食べ物を消化しやすいとされています。

 

もちろん食べ過ぎに注意する必要があり、カロリーの高いケーキなどを食べる場合は、半分にして食べるなど工夫しましょう。

 

一番の注意してほしいの夜ごはんを食べる時間です。夜の寝る前に食べると脂肪が付きやすくなるのが問題とされています。

 

そのためできれば夜18時以降は食べ物を一切食べないほうが望ましいと言えます。

 

最悪仕事の関係で夜遅くに帰宅する方も多いかと思いますので、仕事場で食べるなど工夫し、20時までには夜ごはんをすましましょう。

 

 

飲むものを選ぶ

 

意外とありがちなのが、食べ物は我慢する変わりに飲み物は好きなものを飲もう!という考えです。飲料水の中には糖分がたくさん含まれているものも多く、脂肪のつく要因で肥満の原因にもなります。

 

糖分の高い飲料水

 

・牛乳

 

・フルーツジュース

 

・炭酸飲料(糖質ゼロと書かれているものは除く)

 

・栄養ドリンクやスポーツドリンク

 

 

糖分の低い飲み物

 

・お茶

 

・天然水

 

・糖質ゼロの炭酸水

 

 

お酒の場合・・・

 

糖分が高い酒

 

・日本酒

 

・ビール

 

・酎ハイ

 

・ワイン(赤<白)

 

糖分が低い酒

 

・ウィスキー

 

・ウォッカ

 

・テキーラ

 

・焼酒

 

と言ったところです。牛乳などはカルシウムを取るのに飲んでもかまりませんが、必要以上に飲みすぎないようにしましょう。一日1杯程度で十分でしょう。

 

また、お酒は付き合いなどで避けたくても避けられないという方もいると思いますので、最初の一杯目はビールで乾杯するにしても、その後はほとんど糖分のないウィスキーなどに切り替えましょう。

 

 

食事はゆっくりと

 

ダイエットで大変なのは空腹を我慢することだと思います。早く食事をすましてしまうと、脳が満腹感に追いつかずつい食べ過ぎてしまうことがあります。

 

しっかり噛んでゆっくりと味わって食べましょう。その時に食事だけに集中したほうが満腹感を感じやすいので、テレビなどは消してから食事をとるように心掛けることが大切です。

 

 

寝る前にカフェインを取らない

 

私は、寝る前にコーヒなどのカフェインを飲んでしまうと、なかなか眠れないというコンプレックスがあります。

 

実際にカフェインは交換神経を刺激して眠りにつきづらくなると言われています。

 

眠れないことで夜暴飲暴食してしまう方も結構いますので注意が必要です。

 

 

以上「ダイエット生活のポイント」でした!

 

 

 

スポンサードリンク